ブログ

沖縄音楽の話 2019.04.17

三線を弾くときにやってはいけないこと

コンクールの失格条件とは?

 

こんにちは♪

 

沖縄で開催される古典芸能コンクールに私の教室から今年は4名が挑戦します。5月初旬から申込みがはじまるので実施要項(申込書)をとりよせました。

 

※コンクールは受けた方がいいの?

 

※コンクール受験に不可欠な暗譜のコツ

 

実施要項をみると、、、審査基準とともに失格条件が書いてありました。

 

三線を演奏する上での心構えにもつながるので紹介したいと思います。

 

失格条件は以下の6つです。

①コマだおれ(演奏中にウマがたおれること)

②絃切れ(演奏中に絃がきれること)

③左弾奏(右手で棹をかかえ左手で弾奏すること)

④音ツボに目印したもの(棹にシールを張る事)

⑤指輪、時計、サングラス髪飾りなどのアクセサリー類の着用

⑥やり直し

 

やり直しはせず、間違えても続きを弾きましょう

 

ウマは正しい向きに立てる、絃は演奏中に切れないように事前に新しいものにかえておく、など基本的なことを教えてくれますね。

 

左利きでも必ず左手で棹をかかえ右手で弾奏しなければなりません。

 

「左利きでもできますか?」と質問を受けることがあります。もちろん左利きの方でもできますが右手弾奏を練習していただくことになります。

 

そして「やり直し」をしてはいけないということは是非皆さんにお伝えしておきたいですね。

 

途中まで演奏して最初からやり直す方はめったにいませんが、少し手前に戻って弾きなおそうとしてしまう方はたまにいらっしゃいます。

 

教室の普段のレッスンでも同じですが、間違えても決して戻って弾きおなさず続きを弾いてくださいね。