ブログ

沖縄音楽の話 2019.04.15

【なぜ調弦ができないのか?】調弦が苦手な人へのアドバイス

 

こんにちは♪

 

三線を始めたばかりの人にとって調弦は最初の難関といえるかもしれません。調弦はむずかしいですよね。私も苦手でした。カラクリがクルクルっと戻ってしまって。

 

また一からやりなおし。あーあ私三線向いてないかも。

 

このように調弦に苦戦している生徒さんの気持ちはよくわかります。

 

調弦の仕方は本やウェブサイトなどで知ることができますが、調弦するときには実際にどんなことに注意すれば上達するのでしょうか。

 

今日は調弦が苦手な方へいくつかアドバイスをしたいと思います。

 

こちらもおすすめ↓↓

 

※調弦の良い練習方法があった

 

 

調弦とは

 

調弦は調子笛かチューナーを使ってやります。

 

調子笛を使う場合

 

まずはミージル(女絃)から合わせます。調子笛をつかって自分の歌いたい高さの音を出し、それに合わせてカラクリをまわし弦の音を合わせます。

 

次にミージル(女絃)を基準にして、ナカジル(中絃)とウージル(男絃)を合わせていきます。

 

チューナーを使う場合

 

クリップチューナーを三線に挟んで、チューナーの表示を見ながら、それぞれの弦の音の高さをあわせます。

 

三線の最も基本的な調弦法「本調子」

 

最も基本的な調弦法「本調子」は、

女弦(細い弦)を C(ド)に合わせた場合、

女弦(細い弦) → C(ド)
中弦(中の弦) → F(ファ)
男弦(太い弦) → C(ド)

となります。

 

基準の音はいつもC(ド)に合わせるとは限りません。調弦は歌い手の声に合わせて行うもので、例えば少し低くしたいなら。

 

女弦 → B(シ)
中弦 → E(ミ)
男弦 → B(シ)

 

とそれぞれの弦の音を低くします。

 

調弦が苦手な人への4つのアドバイス

 

三線そのものの問題

 

「調弦のやり方はわかるんだけど、思ったところにカラクリがとまらない」

 

教室ではこんな声をよく耳にします。

 

もちろん初心者なのでカラクリの扱い方に慣れてないことも原因の一つではありますが、半分は三線自体に問題があります。

 

あまりにも安価な三線はカラクリがとまりにくく、ひじょうに調弦がしにくくなっています。

 

調弦が思うようにできない方は三線店などで相談し、まずカラクリがとまりやすい三線にかえてやってみてください。

 

弾いてからカラクリを動かす

 

合わせたい音より低い➡カラクリを少ししめて(音を高くして)から弾いて音を確認する➡合わせたい音より高い➡カラクリを少し緩めて(音を低くして)から弾いて音を確認する➡また合わせたい音より低くなった➡いつまでたっても音が合わない

 

こんな形で調弦の迷路にはまりこんでしまう方をよく見ます。

 

カラクリをまわした後に弾いているので、弾くまでどのような音になっているのかわからず、合わせたい音を通り過ぎてしまうのです。

 

調弦は必ず三線を弾いてからカラクリをまわし、その余韻を聞いて合わせたい音までもっていきましょう。

 

しっかり弾く

 

教室で調弦の指導をしていて、もう一つ気になるのが、三線の音がそもそも出てない場合が多いということです。

 

バチを適当に持って悪い姿勢で雑に弾くと、音がきれいに出ないので、いまどんな高さの音が出ているのか把握できません。

 

調弦のときはバチを正確に持ち、しっかりとした音をだして、いまどんな音が出ているのかを把握しましょう。

 

こちらの記事も是非ご覧ください↓↓

 

※三線の音がプツプツきれます…

 

音を聞いているか

 

そしてしっかり弾いて音が出たら、その音をよくきいて調弦をしましょう。

 

チューナーの表示にばかり目がいってしまって肝心の音を聞いていないと、音を高くしすぎてしまってウマが倒れたり、弦が切れたりしてしまいます。

 

まずは音に耳をかたむける。

 

それを忘れないでくださいね。

 

【関連記事のご紹介です】

 

※三線の弾き方についてのお悩みを解決しました♪

 

※「変なクセ」をつけないためにはこれを意識しよう♪