講師紹介 - 栗山新也沖縄三線教室

栗山新也 くりやま しんや

1984年、三重県生まれ。人間国宝・西江喜春に師事。
琉球古典音楽安冨祖流師範/琉球古典芸能コンクール歌三線部門最高賞受賞/沖縄県立芸術大学・大学院にて沖縄音楽の実技と理論を学んだ後、大阪大学にて沖縄音楽に関する研究で博士号を取得。

メッセージ

三線を教えてほしいという周囲の声にこたえ、25才の頃、大阪の公民館やカルチャーセンターで三線の指導をはじめました。
この頃、稽古場に集まった生徒からは様々な声が寄せられました。

「自己流でやってきたので基礎を習いたい」
「流派や古典民謡関係なく楽しく三線を弾きたい」
「三線のキャリアは長いが、さらにレベルアップしたい」
「本格的に三線の技術を学んで古典音楽のコンクールを受けてみたい」…。

このような声につねに耳をかたむけ稽古場のあり方を模索してきました。
生徒に寄り添いながら教室の改善や方向性の見直しを続け、2019年現在で教室の拠点は3つになり、生徒数はおよそ50名にまで増えました。

ジャンルを固定せず、堅苦しくなく、それでいて本格的な演奏が学べる教室が提案できるようになり、沖縄での芸能コンクールの合格者も多数でるようになりました。

教室を運営していてこれまで一番嬉しかったことは、「栗山さんの教室の生徒さんはみんな楽しそう」と言っていただいたことで、今後も生徒やそのご家族、教室の支援者や地域の人々、師匠や演奏家の友人たちと一緒に笑顔に溢れる三線教室を作っていきたいと考えています。

実績

演奏実績

  • 「栗山新也沖縄三線教室 京都教室第二回おさらい会」ナンクル食堂(主催) / 2018年11月17日
  • 「春の唄会~琉球古典音楽の世界~」豊田産業文化センター (主催・企画・出演) / 2018年4月7日
  • 「栗山新也沖縄三線教室 京都教室おさらい会」くぼちよ(主催・企画・出演) / 2017年11月25日
  • 「栗山新也沖縄三線教室 第一回おさらい会」鈴鹿市公民館ふれあいホール(主催・企画・出演) / 2017年2月5日
  • 「玉城流扇寿会 第3回おさらい会」豊田市高橋公民館(出演) / 2016年1月31日
  • 「栗山新也 沖縄三線演奏会」菰野町社会福祉センター けやきホール(出演) / 2014年8月8日

演奏を交えた講演

  • 「南洋諸島に響いた三線の音」立命館大学国際平和ミュージアム / 2017年11月14日。
  • 「人との出会いから学ぼう ~沖縄の音を巡る旅~」中原小学校 / 2013年12月6日。
  • 「関西沖縄芸能史」尼崎労働福祉会館 / 2010年7月4日。

大学でのレクチャー

  • 「演奏×研究」沖縄県立芸術大学 / 2019年1月30日