コンクールの指導と成長・・・

私が生徒さんにコンクールを受けさせるようになって4年目。

きっかけは、鈴鹿教室の生徒さんの受けたい!!という希望から。。。

1年目は、3名が古典芸能コンクール三線部門の新人賞を受けることに。

課題曲は古典音楽の難曲「伊野波節」・・・「相当稽古が必要です」とお伝えしました。。。

 

結果は、全員が合格でした。受験されたみなさんはたいへん努力されたと思います。

沖縄で師匠や同じ流派の先生方にもたくさんサポートしてもらいました。稽古場の絆の強さを知り、私自身も指導によって多くのことを学んだ年でした。
 
・・・その後も合格が続き、現在鈴鹿、京都、愛知あわせて7名ほどが合格しています。
 
 
先程も申しましたが、コンクールの受験は私から生徒さんに声をかけたわけではありません。
 
生徒さんからやりたいという声が上がってきたので、それをサポートしようという気持ちで指導しました。
 
今となって思うのは、そうした意欲がとても大事だったということ。コンクールを機に生徒さんの意識が大きく変わっていきました。
 
そして私の指導もコンクールを機に、より本格的なものへと変わっていったように思います。
 
コンクールは受けた方がいいか?それは受ける本人が決めることなので、私から無理にすすめたり、受けたいという気持ちを否定したりすることはありません。
 
ただ、受けてみようと思う方がいたら全力で教えます。。。そこで一曲一曲に向き合う気持ち、それを育てていきたい。そして生徒さんに学びながら、私自身の指導もよりよいものにしていけたらと思っています。