こんにちは♪

日曜日は京都教室のお稽古でした。出席率がとても高く沖縄フェスタイン京都にむけての稽古も盛り上がってきました。。。

別の記事 https://ks-sanshin.com/699 にも書きましたが、沖縄で開催される古典芸能コンクールに私の教室から4名が挑戦するので実施要項(申込書)をとりよせました。

それをもとにコンクールではどんなところが審査基準になっているか稽古の合間にお話ししました。

 

①リズム(拍子)

②発声

③発音

④節回し

⑤音程

⑥調弦

⑦姿勢

 

この7つは初心者クラスでいつも指導しているポイントです。。。上級者になってもこのような点がずっと大事になるんですねー。

例えば、、、優秀賞では二曲演奏しますが、一曲目と二曲目の調弦が異なるので、一曲目が終わったら自分の耳をたよりに調弦をかえます。耳での調弦は上達してく過程で不可欠だということです。。。

調弦のコツはこの記事を参考にしてくださいね。。。

➡「なぜ調弦ができないのか?~調弦が苦手な人へのアドバイス~」

https://ks-sanshin.com/682

日ごろから演奏が途中で速くなったり遅くなったりしないように指導していますが、上級者になるともっと難しい曲を一定の速さで演奏しないといけなくなります。。。

基礎クラスや初級クラスでは、やさしい曲の練習をとおして、上に書いた7つのような大事なポイントを押さえていきたいと考えています。。。