こんにちは♪

三線をはじめたばかりのとき、

まずは正しい姿勢で構えて三線を弾くことが大切ですよね♫

そこで今回のブログでは、正しく構えるコツの一つ、三線の胴と体との距離についてお話したいと思います(^^)/

握りこぶし一つ分を目安に♪

「うまく弦にバチが当たらない」

これは初心者の生徒さんからよく聞かれるお悩みです。

「その原因はなんだろう??」

と一緒に考えていくと、

三線を弾くための正しい姿勢がつくれてないことが多いんですね。

なかでもとくに気を付けたいのが、三線の胴と体との距離…

体と三線の胴との距離が近すぎたり、遠すぎたりすると、右手の位置が安定せず、バチをおろしにくくなってしまいます…。

では、胴と体との距離はどれ位とればいいのでしょうか?

教室では、

座って弾く場合…

握りこぶし一つ分

を目安にするようお伝えしています。

そして……

できれば、先生の三線の位置、姿勢や構え方をすべて真似してみてください(^^)/

真似する習慣を身に付けることで、自然に正しく構えられるようになりますよ(*^^*)

よりいい音が出せるように、ぜひ実践してみてくださいね!

以上、今回のブログでは三線の胴と体との距離についてご説明しました♪

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

 

当教室では、休講中、生徒の皆様や当教室にご興味をお持ちいただいた皆様に向けて講師の演奏動画を随時配信しています♪

演奏動画の配信をご希望の方は遠慮なくお問い合わせフォームよりお知らせください!!

閉塞した状況の中、沖縄音楽を通じて皆様のココロが安らぐ時間を少しでも提供できれば幸いです(*^^*)

【こちらの記事もおすすめです♪】

三線の教則本をつかうときの注意点とは??

演奏力がグッと高まる方法♪

暗譜(あんぷ)への第一歩を踏み出そう♪

【レッスンアンケートの記事はこちら♪】

レッスンアンケート①~楽しく三線が覚えられる~

レッスンアンケート②~知らない歌に触れる、歌の意味を知る~

レッスンアンケート③~音楽のある暮らしは楽しい~

レッスンアンケート④~沖縄気分に浸れる~

レッスンアンケート⑤~三線のやわらかさ~

レッスンアンケート⑥~教室に行くのが楽しみに~