こんにちは(*^^*)

昨日は鈴鹿教室でした♪

 

コンクール新人賞の課題曲を学ぶクラスでは、暗譜で演奏するコツが話題になりました♫

コンクールではすべて暗譜で演奏することが条件となっています!

楽譜を見ずに曲を覚えて演奏するにはどんな練習をすれば良いのでしょうか??

そこでレッスンの休憩のときに優秀賞に合格された生徒さんに聞いてみたところ、

「あること」が暗譜に効果的だったと皆さんにお伝えいただきました^^

そのあることとは・・・

 

聞くこと

です!!

 

私も聞くことはとても効果的だと考えています(^^)/

ひたすら曲を聞いて耳で覚えることで、

曲の全体の流れや歌の旋律・節回しなどが定着しやすくなります。

聞くだけではなく、録音にあわせて実際に弾いて練習することも大切です♫

まずはレッスンを録音し復習することから始めてみてくださいね!!

録音の効果的な使い方についてはこちらもお読みいただければ幸いです。

録音の上手な使い方とは??~京都教室の教室風景です~

三線で歌を支える

続いて、体験・基礎クラスの教室風景です♪

島人ぬ宝

を練習しました♫

左手と右手がしっかりと動くようになってきています!!

たいへん上達がはやいので、

生徒さんだけで演奏する練習をしました(^^♪

生徒さんだけで弾いてみると、すこし三線の音が小さくなってしまうことがありましたね。

三線は歌を支える楽器!

右手を基本通りにおろし、

しっかりバチを弦に当てることができるようになれば、

安定した演奏ができるようになりますよ!!

まずは弦音がしっかりと出せるよう、一緒に練習を積み重ねていきましょう!!

以上、今回のブログでは鈴鹿教室の教室風景をご紹介しました♪

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

当教室では体験レッスンを大募集しておりますので、ご興味を持たれた方はぜひ一度教室にお越しになってください!!
お申し込みはこちらから→https://ks-sanshin.com/trial